★今年の夏は猛暑続きで特に熱中症で病院へ運ばれる方が多いでした。私はお陰さまで大好きな手芸があり、一泊旅行にお金かけたと思いク−ラ−も気兼ねせずにつけていました。

★ジンズのお古の良い所を取り寄せて大きさ40cm×35cmの手提げ袋を作りました。時間がある時に作り置きお礼に差し上げる予定です ★地味な柄ですが雨天の時の通院などに重宝しています。ナイロン系などで少しだけ縫い辛いです。 ★タンスの肥やしになってる生地をお出かけ出来ない時間帯に作り置きしておくと、お世話になった方々に気持ちだけのお礼に差し上げる積もりでストックしています。 ★着物のハギレでリュックにしました。足元が困難な私達にはとても重宝します。 ★カーテンを頼まれた方に頂いたハギレで横幅20cm高さ16cmのセカンドバック、大きな袋の中に小物の整理に重宝出来るのが嬉しいです。
★お古で袋帯を頂いていましたので生地が丈夫そうでしたのでWCの壁に吊るして置いています。 ★白は袋物には汚れが気になると思い押入れにしまっていました。目が黒いうちに材料を片付けて置く積りで作りました。お礼に差し上げる予定です。 ★478と同じようにこちらも若い方のお古のを短パンを頂き、普段良く使う手提げ袋に仕上げました。。 ★ベダンダ側に置いてるミシン3台のカバーがきつい西日に当たり生地が色あせて来ましたので3枚とも新しく作り直しました。これはロックミシンです。 ★こちらはコンピュタ−ミシンです。刺繍は同じ画像に統一しました。
★直線縫いに活躍の職業用ミシンです。分厚い生地も楽に縫えます。 ★489番から491番までの端切れで小さな手提げ袋を作りました通院にお財布とハンカチなど入れて行けそうです。 ★手提げ袋の中身の整理整頓に七つ道具を入れて持ち歩きに重宝出来るミニポーチです。 ★bS88の手提げと同じ生地です。ただ刺繍がこちらはクロッカスのお花です。 ★米谷さんに頼まれて作って差し上げました。四国八十八ヶ所、お遍路の旅に持って行きたいらしいです。
★古着屋さんで薄い色と濃い色のジーンズを2枚買い求めて来ました。495〜499番までの袋物が出来ました。 ★プリント柄をかえて汚い所は隠し大きさも3cmほど違う作品が出来ました。一日一個〜2個目が半分完成の目安です。 ★端切れを応用してパンチワ−クみたいに作成したら結構やりがいがあります。 ★涼しくなったので小物つくりもアイロンがけで暑かったのです。今はちょうど良いです。 ★コンピュタ−ミシンでパソコンから設定した刺繍をカードに取り入れて刺す。パソコンの設定の勉強中で色々な絵柄を刺した生地を手提げ袋にしました。
★古着屋さんで白のジ−ンズを購入して来て小さな手提げ袋を違うプリント柄の布を貼り付けて見ました。 ★淡路島の友人と朝市に出して見る事にしました。 ★502と同じで柄が多少違うだけです。3個とも出品します。 ★広島の友人にお土産に作りました。喜んで頂けるかしら? ★故郷に帰る為にお土産作りです。
★505の残り布で源氏物語の生地でパンチワークみたいにして見ました。 ★故郷に帰る為にお土産用に作りました。 ★お古のウールのスカートからパンチワークの端切れを貼り付けて作りました。 ★ウール100%の生地を頂いてたので洋服を作り残りの生地でトートバックに仕上げました。。 ★509番のトートバックを作る前の洋服はこちらです。生地が残ると必ず手提げ袋も作ります。
このページの先頭へ ★手芸18へ