ミシン刺繍経歴
 

ミシンとの出合いは18歳の頃でした。
 父が紳士服の洋品店の営業マンとして働いていました時に
 洋裁をしてる方の自宅に住み込みとして家事全般と
 洋裁習いだしたのがミシンとの出合いです。

 
いろんな事に興味を持ち結婚して子供が幼い頃から
 お古を頂いてリメイクして、子供服にも手がけて来ました。
 その時にあるメーカーのミシンのホームソーイング教室に
 通うようになり、そこで刺繍の師匠と出会いミシン刺繍を
 個人的に師匠のお宅にお稽古に通い出しました。

★幼い子供を(3歳)連れて週一回のお稽古に!
 時間の経過と共に、この子が幼稚園に通いだしても
 行き、娘の帰宅に間に合うようにして、
 お稽古が長引くような時は近所のお友達に娘のお守りを
 お願いして行った事もありました。

★その後子供も成長して学校に通い始めましたので
 午前中のパート勤めしながらも刺繍は続けていました。
 約20数年間刺繍を習い続けて、その間10年程ご近所の
 お友達にも教えていました。
 その後は事情があり教えていませんけど、今も刺繍は
 続けて刺しています。
干支のミシン刺繍へ